2011年02月10日

ジム・ロジャース、食糧危機への警告

こんにちは、「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへようこそ!

世界的な投資家のジム・ロジャースが食糧危機への警告を発していますので、文章を紹介します。

<転載開始>

食糧危機の到来が予測される。

なぜならば、穀物在庫は歴史的な低水準であるし、農家の数も十分ではない。

中国は国民を養うため、あらゆる穀物を必要としているが、供給が追い付いていない。

世界の穀物産地で悪天候が相次げば、どんなにひどいことになるだろうか。

世界は数年のうちに惨憺たる食糧危機に見舞われることは間違いない。

今後、穀物価格はうなぎ登りに上昇する。いくらまでそれが登るのか?

それは思いつく限りの高値を更新することになる。

まさに未体験の状況に陥る可能性がある。


<転載終了>

のんきな日本人に無能な官僚達。気づいた時には、小麦も無い、大豆も無い、米も無い、状況に!!先進国中一番食糧自給率の低い日本は大変なことになっていることでしょう。
今後食料価格が上昇し、結局、所得の低い、弱い人達が一番影響を受けることになるでしょう。
国は助けてくれません。1日も早く、自分達で防衛をしましょう。

「非常食ドットコム」で食糧の備蓄を!
posted by 店長 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食糧危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

始まった食料高騰B

こんにちは、「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへようこそ!

前回、前々回の「始まった食料高騰」の続き3回目です。
経済アナリストの朝倉慶氏の食料不足、食糧の高騰についての記事を転載します。

我々は随分と長い間、デフレにどっぷりと浸かって、物の値段は下がるものと思っていましたが(給料も)、ここに来て、食料品やガソリン、灯油が値上りしており、どうもトレンドが変わり始めていることに、お気づきだと思います。今後、どんどん加速度的に値上がりすることを朝倉氏は警告しておりますので、早めの準備を!!心がけて下さい。

<朝倉慶氏の転載開始>

私たちはデフレではなく、インフレに備えなければならない!

「問題はデフレの克服だ!」菅総理をはじめ、日銀や日本の識者は総じてこのデフレを問題にしてデフレ克服を第一に考え、役にも立たない不毛な議論を続けています。
 しかしそんな事は問題ではない! インフレが迫っている! 大きな困難に備えなければならないのです。デフレで物の値段が上がらないということは実は暮らしやすいのです。しかし物の値段が急騰したら暮らせなくなります。そのような危機が迫りつつあるのです。

 食料とエネルギーを輸入に頼っている日本国は国際価格で購入するしかありません。世界的に食料が不足する、エネルギーが高騰するとなれば実は一番影響を受けるのです。ないしはお金を積んでも手に入らない時が来る可能性すらあるのです。それが始まりかけているのが今です。
 「物価高に備えよ」「インフレに備えよ」、私はドンキホーテのように言い続けるだけです。すでに砂糖は値上がりが始まっています。またコーヒーの値上げが始まりました。春にはUCCもキーコーヒーも値上げです。コーヒーなどは植樹してから5年経たないと収穫できません、すぐに増産は不可能なのです。さらに綿花の高騰で医療品に使うガーゼや脱脂綿は今春50%値上げの予定です。同じくタオル業者も値上げを要請しています。綿花の価格は全く下がる気配はありません。衣料品への波及も時間の問題でしょう。ユニクロは値上げの予定はないと言っていますが、いつまで体力勝負が続くでしょうか? 原料高を見て収益が落ちることがわかっている株式市場では株価がはっきりと先行きを読んでいます。円高還元ということで3ヵ月ごとに商品の値下げを行ってきた家具販売のニトリも昨年末ついに値下げを見送りしました。また大豆の高騰から食用油は値上げです。また今年は石油価格の高騰からガソリンは昨年11月から5%上昇、さらに灯油は昨年同時期に比べて2割高です。

 これらは単なる始まりです。日本はデフレだから値上げはできないといいますが、企業は赤字では販売しない方がいいわけで、いよいよ限界がくるのです。好んで値上げするのではありません、生き残りをかけて値上げに走るのです。 

今年のはじめ、マグロの初セリで1匹、3,249万円という驚くべき値段がつきました。これは新春のご祝儀のように景気のいい話として報道されました。2002年には200万円足らずだった1匹の値段が15倍にもなるとは? これこそが典型です。マグロは環境保護ということで世界中で捕ることが難しくなってきています。日本はクロマグロの4割を地中海から捕っています。そのクロマグロは地中海で捕獲の禁止は免れたものの漁獲量は昨年に比べて6割削減です。しかももう元には戻りません、本当の意味での供給不足が続くのです。さらに以前はマグロは日本人だけが食べていたものを今や中国をはじめとして寿司ブーム、世界中の人達がマグロを求めているのです。

 供給はどんどん減る、需要は世界中で増える一方、日本人1億人の需要しかなかったマグロが世界の30億人以上が目を向けてきたのです。しかも中国をはじめとする新興国の勢いは凄く、今や巨額のマネーを保有しているのです。彼らと争って買うのですからマグロの値段が急騰しないわけがありません。まさにこれこそが日本の置かれた食料事情です。今は余っているコメもやがて他の食料価格が上がってくれば玉突きのように上がってくるでしょう。 ビル・ロジャーズは講演で「私の講演の聴衆は金融関係者や個人投資家がほとんどですが、いずれ農家の人々が高級車で乗り付け、会場を埋める日がくるかもしれません」と話したのです。供給不足から起きるインフレの速度は驚くほど早い、人間は食べなければ生きることはできない、食料価格に本格的に火がつけば値段はロケットのように上昇するのです。デフレから一転、いよいよ<本当の危機>が始まりつつあるのです。

★★「朝倉慶のモーニングカフェ」情報★★
大好評!「朝倉慶のモーニングカフェ」(朝7時頃。月〜金)を配信中。
移動中に聞きながらわずか5分で今日の市況と経済トピックが分かる!
※iphoneまたはipadの「AppShop」から無料でダウンロードができます。
「検索」で朝倉慶と入力いただくだけ!
  ●しばらくの間、無料で試聴できます!どうぞよろしくお願いします。

★2010年11月に発売された朝倉慶氏の最新著『2011年 本当の危機が始まる!』(ダイヤモンド社刊)が、発売後わずか10日で3刷を越え、大好評発売中!

(※文の色付けは私によるもの)

転載サイト
http://www.funaiyukio.com/money2/

<転載終了>

「非常食ドットコム」で食糧の備蓄を!
posted by 店長 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食糧危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

始まった食料高騰A

こんにちは、「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへようこそ!

前回の「始まった食料高騰」の続きです。
経済アナリストの朝倉慶氏の食料不足、食糧の高騰についての記事の転載です。

原材料を中心に徐々に値段が高騰してきております。
今日も値上げの記事の1つとして、味の素ゼネラルフーヅ(AGF)が、2011年4月1日出荷分から家庭用インスタントコーヒーを平均約11%の値上げすると発表しました。コーヒー生豆相場の高騰が続く見込みのためです。

今後あらゆる品目に広がっていくと予想されております。

<朝倉慶氏の転載開始>

今後、食料価格の高騰が収まることは期待できない!?

いったいこれから食料価格はどうなっていくのか? 本当に高騰は収まらないのでしょうか? 
残念ながら収まることはないでしょう。まだ食料の高騰は始まりにしか過ぎません。これから驚くような展開が待っているのです。

 まず価格というものを考えてください。当然需要と供給のバランスで決まるわけです。
日本が今、デフレなのは生産年齢人口(15−64歳)が減り、需要が落ちているという構造的な問題があります。ですからいろんな物の値段が下がるわけです。

 しかし世界はどうですか? 今年はついに世界の人口は70億人になろうというのです。世界の人口は減ることはありません。増え続けているのです。しかも新興国を中心として食生活はかなり裕福になってきています。肉も食べれば、甘い物も食べる、コーヒーも飲む、あらゆる食料品が足りなくなりつつあるのです。まさに供給が不足しているから値段が上がるのです。昨年夏、日本でも暑さで海面の温度が上がりサンマの供給が不足したとき値段がどうなったか? 短期で値段が10倍にまでなったのです。かように供給が無くなるということは値段の高騰を引き起こすのです。真性インフレです。

 そこに持ってきてこの異常気象です。気象が今までと全く違っては農作物などできません。まさに供給がなくなるとはこのことです。オーストラリアでは洪水で日本の国土の3.7倍の地域が被害を受けたのです。日本の国土の3.7倍ですよ。日本での洪水を考えてください。酷い洪水でもせいぜいある県の一地域ですよね。新潟県のどことか、熊本県のどことか、ある一定の地域での洪水や山崩れが問題になるわけです。
 ところが今回のオーストラリアのケースは日本の国土の3.7倍が一度にやられたわけです。日本国のおよそ4個分が一度の洪水でやられる、想像できますか? 一度に日本全土が洪水の被害を受けるというケースが想像できますか? そんな大規模な地域に渡る洪水がオーストラリアでは現実に起きているのです! 

 また同じくブラジルでの洪水の被害を見てください。これからオリンピックも開かれるリオデジャネイロ近郊で起ったケースですが、何と死者は確認されただけで800人弱、行方不明者は400人以上、推定では1000人以上の死者が出ているというのです。これも日本の事と想像してみてください、仮に洪水の災害で日本のある地域で1000人以上の死者が出たらどうですか? 連日朝から晩までニュースで大変な騒ぎでしょう。

 そしてスリランカでも洪水で100万人が避難しているというのです。これら今南半球で起ってきていることは異常ではないですか? 昨年はロシアや欧州の熱波、日本でも前代未聞の暑さでした。昨年北半球から始まった異常気象は続いているのです。この日本の寒さは何でしょう? 欧州では昨年12月、100年ぶりの寒波、空港閉鎖が相次ぎました。同じくニューヨークでも60年ぶりの大雪だったのです。暑さ寒さのこの激しさ、一体地球はどうなっていくのか? この異常気象が収まると思いますか? おそらくこのコラムを読んでいる読者のみなさんは感覚的に思っているはずです。

「この世界的な異常気象は収まらない、さらに拡大していくだろう」と。 ではどうなります? 世界の穀物、農業の状況はどうなります? 今回オーストラリアの洪水で穀倉地帯は壊滅、このクイーンズランド州の小麦は半分以上は水びたしです。さらにこの地域は鉄鋼の原料となる原料炭の生産で世界の50%を占めているのです。当然石炭の価格は高騰していますが、小麦の値段も高値を更新中、小麦は世界中で作っているのに今や1ブッシェル8.3ドル、昨年6月は5ドルだったのです。6割以上の高騰です。
 日本では2月には農水省が小麦の売り渡し価格の引き上げを通知します。いったいいくら値上げされるのか? 今や値上げ幅をどの位にするのか、ということが焦点です。引き上げ幅によっては一気に小麦粉やパンやそばをはじめとする価格の高騰が始まるでしょう。 いよいよ私がかねてから指摘してきた諸物価の高騰の始まりです。

⇒続く(※文の色付けは私によるもの)

<転載終了>

「非常食ドットコム」で食糧の備蓄を!
posted by 店長 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食糧危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。