2011年01月17日

阪神・淡路大震災の教訓

「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへようこそ!!

今日は1月17日、あの阪神・淡路大震災が起きた日です。あれから16年が経過しました。

1995年1月17日「5時46分」阪神・淡路大震災が突如起きました。

6434人が死亡、4万3792人が負傷しました。

あの時の教訓が本当に今に活きているのか?。微妙です。死亡者のほとんどが建物の倒壊、家具の下敷きによる圧死でした。

以前にもこのブログで書きましたが、まず一番最初にやって欲しい地震に対する防災対策は、建物を倒壊させない為の努力です。
1981年(昭和56年)以前に建てられたも特に木造住宅にお住まいの方は、是非、耐震判断をして耐震補強工事をして欲しいと思います。建物が倒壊しなければ、8〜9割の方は命を落とさずに済んだ可能性があります。

しかしながら一番多額のお金がかかるため、対策が進んでいないのも事実です。国や市町村などがもっと積極的に補助金を出すなどの施策をやって欲しいものです。が・・・。今のスッカラカン内閣では無理でしょうね?。

繰り返しますが、まずは、建物の倒壊を防ぐ!!ことです。コツコツ貯金です。

次に、火事を出さない努力、または火事、ボヤが出てしまった時に火を消せる消火器やSAT119のような簡易消化用具を常備しておくことです。これはご近所、地域に対しての責任です。

次に最低3日分の飲み水を用意、備蓄して下さい。過去の例から、災害が大きければ大きいほど、警察、消防、自衛隊の救助及び給水活動は4日目以降からとなります。自分達も被災しているからです。何事も準備です。

今日のような日は、是非、防災対策に目を向けて、行動に移して欲しいと思います。

考えるだけでは意味がありません。行動に起こしてこそ、教訓が活きてきます。

非常食ドットコムでは各種非常食はもちろんの事、長期保存水「秩父湧水」やお風呂の残り湯を飲み水に変える簡易浄水器「スーパーデリオス」、火事が起きた場合に役に立つ簡易消化用具「SAT119」など、防災グッズも取り扱っておりますので、是非、この日にご利用下さい。

防災士 店長





posted by 店長 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

トイレと水の話

こんにちは、店長ブログへようこそ!

前回、「防災豆知識@災害時に一番困ること」でトイレに関することを、また、「防災豆知識A水の備蓄量の目安?」ではお水の備蓄量に間することを書きました。

なぜトイレと水の話題を初めの方に持ってきたのか?を今日は書きたいと思います。

阪神・淡路大震災の時に地震そのものでは助かったものの、その後の非難生活の中で体調を崩し、お亡くなりになった人が数多くいました。

その原因の多くにトイレの問題があります。

トイレの衛生面や寒い仮設トイレということもあり、特に高齢者の方はトイレに行く事を面倒に思い、出来るだけトイレに行く回数を減らしていました。
これは、無意識のうちに(または意識して)、水分を控えてしまうことになり、その結果、水分不足⇒血液がドロドロ⇒エコノミークラス症候群になったりして体調を崩す人が多くあったそうです。もちろん、運動不足によるところも多いと思います。

またプライベートの無い生活環境によるストレスや復興への不安など精神面のダメージによるところも大きいと思います。あとは、水分不足に加え繊維不足による便秘等、体調を崩す人が多くあったようです。

対策として、適切な量の水分をとることは意識的に出来ますので、是非心がけていただきたいと思います。
とても簡単なことですが、実は出来ていなかったため、犠牲者が増えてしまったと言うことで、とても残念なことです。

その後、繊維不足による便秘対策として、ある非常食が生まれています。それについては、また別の機会にしたいと思います。

非常食の備蓄のことなら>>「非常食ドットコム」
posted by 店長 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

阪神淡路大震災から生まれたモーリアン・ヒートパック

こんにちは、店長ブログへようこそ。

今日は、ある商品の誕生秘話について書こうと思います。

先月の17日は阪神淡路大震災15年周年でした。
関西では地震は起こらないと言われ続けてきた中での大地震。

当時私は会社で倒壊した高速道路や火災の煙が何本もあがる神戸の地をテレビで見ておりました。神戸本社があったからです。

当社が扱う商品の中には、阪神大震災がきっかけで、この世に出た商品がいくつかあります。今日はその中の1つ「モーリアンヒートパック」と言う商品をご紹介しましょう。

1月17日、大寒の前後と言うことで非常に寒さの厳しい時期での震災でした。そのため、温かいものが食べたいという要望が数多く出ていたそうです。

今冬は非常に寒い日々が続きましたので、もし、今、電気が切れ、ガスもストップし水道も出ないとなれば、如何に悲惨かは想像できると思います。
もちろんエアコンはストップ、ファンヒーターは灯油があっても電気がなければ動きません。
ストーブがあれば、まだ寒さを防げますが、ストーブが残っている家庭も徐々に減っていると思います。

そんな厳しい日々を過ごされた被災した知人から「温かい食べ物がありがたかった」と聞いて、電気やガスが止まった時でも、温かい食べ物を口にする方法はないか?と考え始めたのが、この「モーリアンヒートパック」が生まれたきっかけだそうです。

IMG_0939.JPG
モーリアンヒートパック L 1,155円(税込)・M 840円(税込)

IMG_0942.JPG
           発熱剤3個と加熱袋1枚

モーリアンヒートパックは火や電気を使わずに、いつでもどこでも水を注ぐだけで高温の蒸気が発生し、非常食などを加熱調理することができます。

使い方はとても簡単!
発熱剤を開封し取り出して、加熱袋の底に敷きます。加熱したい非常食等を加熱袋に入れて、少量のお水を発熱剤の袋を計量カップとし、内側の水量ラインまで入れます。加熱袋のチャックをしめて、15分〜20分待つだけ。加熱中に水蒸気が出ますので、ヤケドには注意して下さい。

是非、非常食とともに備えておけば、どんな時でも温かく食事ができます。

非常食の備蓄のことなら>>「非常食ドットコム」

posted by 店長 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。