2010年12月28日

年末年始の営業のご案内

いつも「非常食ドットコム」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

年末年始の営業につきましてご案内申し上げます。

2010年12月29日(水)〜2011年1月4日(火)まで

電話対応及び商品の発送業務をお休みさせていただきます。

お休み中にいただきましたご注文につきましては

1月5日(水)より順次出荷させていただきます。

何卒、ご了承のほど、お願い申し上げます。

追伸:ブログにつきまして、随分と後半はさぼってしまいました。
   来年は定期的に更新するよう、がんばります。
posted by 店長 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

バヌアツ沖合でM7.2の大地震

こんにちは、「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへ
ようこそ!

随分と更新間隔が空いてしまいました。すみません。

今朝、日本時間午前2時すぎに南太平洋の島国バヌアツ共和国の沖合で、マグニチュード7.2の大きな地震がありました。被害情報は入っていないので大丈夫だったのでしょう。津波の被害もなかったようです。

TBSのニュース画像

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4438631.html

しかしながら、前にも書きましたが、最近起こる地震は大きい地震ばかりです。
マグニチュード7以上の地震はそれはすさまじいパワーがあります。マグニチュードについて4月7日のスマトラ島の地震の記事に書いておりますので、読んでみて下さい。

今年は地震、火山噴火、天候異常と色々と重なってきています。これは自然による脅威ですが、戦争という人間の愚かさによる脅威が起きない事を祈っています。

現在、朝鮮半島では南北の緊張状態が激しくなってきており、韓国では、お米とインスタントラーメンの売り上げが、20日頃から急増しており、北朝鮮との有事に備えて食料確保、備蓄に動いているそうです。あの投資で有名なジョージ・ソロスも韓国株を4月に既に全株売却しており、やはり何かしら起きそうな気配です。

今までのイラク、アフガンと違い、朝鮮半島は日本に近く、日本への影響も出てくる可能性があります。何としても避けて欲しいと思います。

非常食の備蓄のことなら>>「非常食ドットコム」

posted by 店長 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

異常気象で野菜高騰!

こんにちは、「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへ
ようこそ!

最近の天候、とても変ですね。冬のような寒さになったり、暖かい(暑い)日となったりで、体がついていきません。今日もこれから雪が降る可能性があると天気予報で言っております。
この天候不順の影響で春もの野菜が高騰しているという記事があります。ジェットコースターのように気温が変化すれば植物もおかしくなってしまいます。
天候不順を通り過ぎて、異常気象と言った方が良いかも知れません!。

<転載開始>

「春キャベツ」小売価格が高騰、農家は反動を心配/神奈川・三浦
2010年4月14日(水)16時30分配信 神奈川新聞

出荷の最盛期を迎えているはずの三浦市内の「春キャベツ」が天候不順で生育が遅れている。小売価格は高騰し、生産者の手取りも高値となっているが、農家は「野菜は需要と供給で価格が決まる。これから暖かくなって野菜が一気に出回ると、大きく値が下がるのでは」と反動を心配。寒暖の差が激しく、安定しない今春の天気に気をもんでいる。

「この時期としては強い寒気が流れ込み、県内では14日から17日ごろにかけ平年より7度前後低く、最低気温が3度以下となるところもある」。横浜地方気象台は12日、「低温に関する神奈川県気象情報第1号」で、霜などによる農作物被害への注意を呼び掛けた。

同気象台によると、三浦市では、4月に入りこれまでおよそ半分の6日間、1日の平均気温が平年を下回った。最低気温は平年8〜9度だが、7〜9日は3日連続で5、6度台に冷え込んでいる。

県内はもちろん、関東で人気の三浦の「春キャベツ」の出荷は気温が上がらない影響で生育が遅れる。現在の出荷も少なめで、取引価格が上昇している。

市内のある農家では、現在の出荷ペースは計画の半分程度という。農家の手取りは、3月下旬は1ケース8個入りが千円強だったが、4月に入り、最高で倍近くの2千円に上がった。

価格が上昇するのは一見、農家にとって恩恵がありそうだが、それほど単純ではない。この農家は「目先のことを喜んでばかりいられない。これまでに出荷したのは予定の3割ちょっとで、これから本格化する。市場に出回る数が一気に増えれば、価格が大きく下がり、それが続けばトータルで収入が減る」と先行きを不安視している。

青果卸の横浜丸中青果(横浜市神奈川区)によると、13日現在、県産キャベツの取引価格は、例年よりおよそ千円高い1ケース2700円前後。同社の担当者は「4月後半から出荷量が増え、徐々に価格が下がるのではないか」とみている。

<転載終了>

早く暖かくなって、順調に野菜、果物が育ってくれることを祈っています。

追記:アイスランドの火山、エイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山が噴火しました。火山灰が16000mまでのぼり、今後日照への影響はないのか?灰による農作物への影響はどうなのか?今後数年間にわたり、地球規模の大飢饉を起すのでは!!との話もあり心配です。

非常食の備蓄のことなら>>「非常食ドットコム」
posted by 店長 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。