2011年01月17日

阪神・淡路大震災の教訓

「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへようこそ!!

今日は1月17日、あの阪神・淡路大震災が起きた日です。あれから16年が経過しました。

1995年1月17日「5時46分」阪神・淡路大震災が突如起きました。

6434人が死亡、4万3792人が負傷しました。

あの時の教訓が本当に今に活きているのか?。微妙です。死亡者のほとんどが建物の倒壊、家具の下敷きによる圧死でした。

以前にもこのブログで書きましたが、まず一番最初にやって欲しい地震に対する防災対策は、建物を倒壊させない為の努力です。
1981年(昭和56年)以前に建てられたも特に木造住宅にお住まいの方は、是非、耐震判断をして耐震補強工事をして欲しいと思います。建物が倒壊しなければ、8〜9割の方は命を落とさずに済んだ可能性があります。

しかしながら一番多額のお金がかかるため、対策が進んでいないのも事実です。国や市町村などがもっと積極的に補助金を出すなどの施策をやって欲しいものです。が・・・。今のスッカラカン内閣では無理でしょうね?。

繰り返しますが、まずは、建物の倒壊を防ぐ!!ことです。コツコツ貯金です。

次に、火事を出さない努力、または火事、ボヤが出てしまった時に火を消せる消火器やSAT119のような簡易消化用具を常備しておくことです。これはご近所、地域に対しての責任です。

次に最低3日分の飲み水を用意、備蓄して下さい。過去の例から、災害が大きければ大きいほど、警察、消防、自衛隊の救助及び給水活動は4日目以降からとなります。自分達も被災しているからです。何事も準備です。

今日のような日は、是非、防災対策に目を向けて、行動に移して欲しいと思います。

考えるだけでは意味がありません。行動に起こしてこそ、教訓が活きてきます。

非常食ドットコムでは各種非常食はもちろんの事、長期保存水「秩父湧水」やお風呂の残り湯を飲み水に変える簡易浄水器「スーパーデリオス」、火事が起きた場合に役に立つ簡易消化用具「SAT119」など、防災グッズも取り扱っておりますので、是非、この日にご利用下さい。

防災士 店長



posted by 店長 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。