2011年01月06日

食糧の高騰に備えましょう。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

早速ですが、今月の1月17日は「阪神・淡路大震災」から16回目の記念日となります。
是非、9月1日の防災の日と1月17日の阪神・淡路大震災の記念日には防災対策に意識を向けていただき、その準備をして欲しいと思っております。

ところで、気になる情報が発表されました。

国連食糧農業機関(FAO)が昨日発表した内容によると

12月の世界食料価格指数が過去最高を記録し、これまでの2008年6月の最高値を越えたそうです。
さらに今後も上昇することが見込まれ、2007年〜2008年に起きた世界中で食料をめぐる暴動が再発するのではないかと言われています。
これに石油の高騰が追い打ちをかけ、我々国民の家計を圧迫する可能性が非常に高くなってきました。今までのデフレからインフレへ変る転換点になるかも知れません。

去年、日本においても天候不順により、多くの野菜が品不足となり高騰しました。
天候不順は日本に限らず全世界で起こっており、世界の穀物在庫は減り続けています。
とても危険なラインまできています。

今後、輸入に頼りきった日本は小麦や大豆などの穀物の高騰に泣くことになるでしょう。

日本において今すぐに食糧不足になるとは思いませんが、いずれ、そのような場面が来るのではないか?と心配しております。

皆さんは準備が出来ていますか?

防災対策だけの非常食ではありません。

戦争、パンデミック、食糧危機、どんな時にでも非常食の備蓄があれば、心穏やかに安心でいられます。

是非、年の初めに準備をしてしまいましょう。

「非常食ドットコム」のご利用をお待ちしております。
posted by 店長 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食糧危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。