2010年06月21日

桜島噴火、年間550回を記録!

こんにちは、「備蓄しま専科」非常食ドットコム、店長ブログへ
ようこそ!

世界中で火山の噴火が相次いでいますが、日本においても、火山活動が活発化しているようです。
鹿児島の桜島は、以前よりへ(火山灰)を噴いていますが、今年は今までにないほど、火山活動が活発化しており、次のステージに移る可能性もあるとのこと。南九州の方は注意をして下さい。

<転載開始>

桜島噴火、年間550回を記録 早くも観測史上最多更新

2010年6月20日20時43分 asahi.com

鹿児島市の桜島は20日、地震などを伴う爆発的噴火を午後5時までに9回観測し、今年に入ってからの爆発的噴火は計550回となって、観測史上最多だった昨年の記録(548回)を更新した。昨年の2倍近いペースで噴火が続いており、専門家は「年間2千回もあり得る」と警戒を呼びかけている。

鹿児島地方気象台によると、550回目は20日午後4時38分に観測。曇り空だったため、噴煙の高さや噴石の有無はわからないという。

 今年の爆発の場所は、すべて2006年に活動を再開した桜島南岳の昭和火口から。月100回程度のペースで噴火を繰り返してきた。5月中旬〜6月上旬は1週間に1回程度と沈静化したが、13日以降は1週間で40回以上爆発して元の状態に戻った。

 京都大学防災研究所の火山活動研究センター(鹿児島市)は、爆発の増加は昨年10月3日の爆発がきっかけと分析する。この爆発で地中のマグマの通り道が広がったと推測。桜島直下に供給されるマグマ量が増えたことで、爆発の回数も増えたという。

 同センターの井口正人准教授は「今後、桜島の活動は次のステージに移り、さらに活発化する可能性もある。注意が必要だ」と話している。(森本浩一郎)

<転載終了>

前回も書きましたが、韓半島にある白頭山の噴火が近いと韓国の新聞が取り上げていまので、それは次回転載します。

火山噴火、火山灰による直接的な農産物への影響、そして日照不足によるボディーブローのように効いてくる影響。

繰り返します。「備えあれば憂いなし」です。

非常食の備蓄のことなら>>「非常食ドットコム」


posted by 店長 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。